あなたのビジネスサクセスのために。Enterprise System Management Solution

CLCはコンピュータシステムの安定稼働と最適化をご提案するエキスパートです。

DLm8100 (Disk Library for mainframe)Dell EMC

圧倒的な高パフォーマンスと、冗長化された信頼性
大規模IBM汎用機ユーザ向け大容量仮想テープライブラリー

IBM zSeries向けに完全に統合された仮想テープ・ライブラリ・ソリューションです。
DLm8100内のディスク上にIBMメインフレームの3490、3590のテープドライブをエミュレーションし、高パフォーマンスを実現します。

EMC DLm8100

導入メリット

  • テープ関連コスト削減
  • テープジョブ処理速度の大幅改善
  • 仮想テープドライブ数の増強
  • 災害対策としての効率的な遠隔地保管
  • 容易な導入と拡張性

こんな課題をお持ちの企業様に最適

  • テープライブラリーの置き換えを検討中
  • テープI/O処理速度を改善したい
  • テープオペレーションを自動化して、管理コストを削減したい
  • 外部保管テープメディアを削減したい
  • 災害対策として、遠隔地データコピーを検討中

機能・特長

仮想テープ・エミュレーション・コントローラー
  • IBM 3480/3490/3590テープ・ドライブ・エミュレート
  • ホストのインターフェースは、FICON 4~16本
  • VTE1基あたり256のテープ・ドライブ(8つのVTEで最大2,048)
  • VTE1基あたり最大600 MB/sのスループット
  • (6つのVTEで最大4.8GB/sのスループット)
  • 透過的なメインフレームテープ管理システム
  • 最大16TBの仮想カートリッジサイズ
  • カートリッジサイズではなく、データに基づくディスクの消費
  • ハードウェア圧縮のサポート(次世代NASストレージの場合)
  • WORM(Write Once, Read Many)テープ対応
バックエンド・ストレージ
  • 次世代NASストレージと、重複排除ストレージのサポート
    (または両方のストレージ・タイプの同時サポート)
  • ミッション・クリティカル環境向けにハイエンドストレージの選択も可能(詳細は、弊社までお問い合わせください)
  • ファイルとして全てのテープイメージを保存
  • 全てのVTE間でテープボリュームを共有
  • メインフレーム上での処理のパフォーマンスに影響しないIPレプリケーションが可能
導入環境
IBM z/OS

EMC DLm8100

VTEの数 2~8
接続性 FICON(8Gb)
ホスト・チャネルの数 4~16
仮想テープ・ドライブの数 最大2,048
最大容量(有効容量)*1 40TB~2.4PB
重複排除容量(論理容量)*2 最大11.4PB
パフォーマンス 最大4.8GB/秒
キャビネットの数 2~16

*1 次世代NASストレージ選択時(非重複排除)
*2 重複排除ストレージ選択時

冗長化された構成(単一障害点なし)

災害対策ソリューション 構成例

災害対策ソリューション 構成例

遠隔地にあるDLm8100へレプリケーションする災害対策ソリューションでは、標準的な次世代NASストレージによる保障されたレプリケーションの他、ハイエンドストレージによるミッション・クリティカルな環境に対応する同期方式の実現が可能となります。
また、重複排除ストレージを選択した場合、重複排除されたデータのみを送信することで回線費用を抑え、効率的に災害対策サイトへデータをレプリケーションできます。