あなたのビジネスサクセスのために。Enterprise System Management Solution

CLCはコンピュータシステムの安定稼働と最適化をご提案するエキスパートです。

Logstorageインフォサイエンス株式会社

サーバやネットワーク機器、アプリケーションなどが出力する多様なログを機器の種類・フォーマットに依存せず収集します。企業がログ管理で必要となる機能を提供します。CLCソリューションから出力される各種ログを、統合コンソールにて表示・保存・検索することが可能です。

Logstorageとは

統合ログ管理システム
  • 大規模分散システムのログを一元管理し、サーバやネットワーク機器のログ管理を効率化します。
  • ログにタグ付け(意味付け)を行うことによって、ログの意味を知らないオペレータでも簡単に目的のログを探し出すことができます。
  • ログによるシステムの監視管理に効果を発揮します。
    • サーバやネットワーク機器の障害監視/管理
    • セキュリティの監視/管理

主要機能

Logstorage主な機能

主要機能

収集可能なログ(種類)

テキスト形式で出力されるログは全て収集・管理

  • syslog:UNIXサーバ(Solaris、HP-UX、AIX、Linux、BSD、その他)ネットワーク機器(ルータ、F/W、IDS)OS標準のsyslogやsyslog-ngなどのログ出力に対応
  • イベントログ:Windows NT/2000/XP/2003
    Agentで収集
  • テキストログ:Apache、OracleなどのアプリケーションAgentで収集、またはFTPで収集

※FTPによるログ収集の場合、ログの先頭にsyslogのヘッダー情報を付加する必要があります。ログ変換ツール(syslogヘッダー情報付加スクリプト)のテンプレートはご用意しております。

※バイナリログに関してはテキストに変換した上でAgentまたはFTPで収集

Logstorageのしくみ

  1. ネットワーク機器(ルータ、IDS、F/W等)、サーバのログをsyslogの機能、またはAgentによってLogGateへ送信。
  2. 送信されたログをLogGateがファイルとして保存。ログのインポートにより、データベースからレポート作成・検索・集計ができます。
  3. ブラウザでコンソールサーバへアクセスし、ログに対して検索、各種設定を実行。
Logstorageのしくみ