あなたのビジネスサクセスのために。Enterprise System Management Solution

CLCはコンピュータシステムの安定稼働と最適化をご提案するエキスパートです。

STOP-X37EX/STOP-SPDTS Software, Inc

スペース不足によるアベンドを自動的に回避します。
X37アベンドはもう恐くない。今夜からぐっすり眠れます。

STOP-X37EX/STOP-SP(以下 STOP-X37EX)はオペレーティング・システム上で発生するアベンドのうち、DASDスペース不足を示すX37アベンド(完了コードB37、 D37、E37)を自動的に回復するソフトウェア・プロダクトです。
EOV(End of Volume)・SVCモジュールのフロントエンドとして動作し、アベンドしようとしているジョブの回復処理を行います。

DTS

本体機能

機能 回復方法
REDUCEP JCLのDD文で指定された1次割当量で新規データセットのスペースが確保できなかった場合、状況に応じて1次割当量を調整し、スペースを確保します
REDUCES JCLのDD文で指定された2次割当量のスペースが確保できない場合、その値を現在使用しているボリューム中の最大空き領域値に調整してスペースを確保します。
SETSEC JCLのDD文で2次割当量の指定がない場合、2次割当量を追加してスペースを確保します。
ADDVOL 順次データセットで16エクステントまで拡張した後、それでも足りない場合、ボリューム追加して更にエクステント拡張を可能にします。

オプション機能

機能 回復方法
RECAT RECAT(RECATalogオプション)は、オペレーティング・システムのアンアロケーションプログラムのフロントエンドとして働き、すでにカタログされているデータセットに対して再度カタログしようとした時に発生する"NOT CATLOG 2"(JOBLOGメッセージ)条件を回復します。
VSAM ICFカタログを使用するVSAMデータセットで"OUT OF SPACE"条件が発生した場合、追加ボリュームを割り当てて回復します。

動作環境

メーカー OS
IBM
富士通
日立
OS/390, z/OS
MSP/E20, MSP/EX
VOS3/AS, VOS3/FS, VOS3/LS, VOS3/US

バッチ・ユーティリティ

STOP-X37EXには次のバッチ・ユーティリティが提供されます。
SRSSMF : STOP-37EX導入後の回復状況をSMFレコードから解析しレポートします。

ルール・ランゲージ

STOP-X37EXは使いやすく、柔軟性のあるルール・ランゲージにより制御されます。どのジョブに対して回復処理を行うかの選択は次のようなパラメータで指定できます。データセット名・ジョブ名・DD名・装置タイプ・データセット編成・プログラム名 他

<例>
DEFRULE A1
IF CLASS=I
JOBNAME=PROD*
THEN SET DIKPOOL=A1POOL
DEFPOOL A1POOL REDUCES(YES)

ジョブ・クラスI、ジョブ名PRODで始まるジョブにおいて、JCLで指定された二次割当量のスペースが確保できなかった場合、状況に応じて二次割当量を調整し、スペースを確保します。