あなたのビジネスサクセスのために。Enterprise System Management Solution

CLCはコンピュータシステムの安定稼働と最適化をご提案するエキスパートです。

ACS(Allocation Control System)DTS Software, Inc

運用基準のルールは守られていますか?
ACSはデータセット配置の適正化と運用基準の標準化を実現。

ACSは、オペレーティング・システムからのさまざまなデータセット割り当て要求をインターセプトして運用基準の徹底を図り、適正な運用体制を維持します。また、従来のボリューム管理から、複数のボリュームによって構成されるプール「ボリューム群」による管理を行うことで、煩雑なストレージ管理の手間を削減します。

DTS

ACSの導入効果

JCLの動的変更
セキュリティーの強化
ボリュームプーリング
これにより

運用基準の維持管理
違反情報の履歴管理
DISKの有効利用
システム担当者の負荷軽減が実現

運用基準の維持管理

  1. (1) 開発系からの本番環境へのアクセス管理
    • 本番データセットまたはボリュームに対するアクセス違反の際にメッセージ発行
    • 本番データセットまたはボリュームに対する不正アクセス要求の拒否
    • 本番データセットまたはボリュームに対する不正アクセスを適正な場所に変更など
  2. (2) 運用基準に違反したジョブのJCLを動的に変更
    • スペース値を適正値に変更
    • 割り当て先の強制変更
    • クラスタ定義の変更
    • パラメータ指定の内容チェックなど
  3. (3) ファイル・セキュリテイの強化 (特定業務のデータの保護)
    • ユーザーID / データセット名によるジョブの割り当て制御
    • ジョブ名によるボリュームの割り当て制御
    • 割り当て先ユニット名を自動的に変更
    • VOLSER指定のないジョブの実行制御
    • 並列システム環境におけるアクセス制御など

システム管理者の負荷軽減

  1. (1) 個々のボリューム単位からプール (ボリューム群)による管理
  2. (2) ボリューム単位またはプール単位でのディスク状況管理・ 使用率・断片化の状態・パフォーマンス状況など
  3. (3) OSに依存しない独自のアルゴリズムによる柔軟な割り当て先の選択
  • MAXSPACEアルゴリズム:最大使用可能スペースを持つボリューム選択
  • RESPTIMEアルゴリズム:応答時間が最短のボリューム選択
  • FRAGINDXアルゴリズム:断片化が最も少ないボリューム選択
  • SRMアルゴリズム:OSに依存したボリューム選択など

ストレージ管理のためのレポートを発行

  1. (1) ACSモニタによるディスク情報のレポート
  2. (2) 違反状況の履歴管理レポート
  3. (3) SMFレコードの記述

ACSVSAMオプション

IBMのMVS環境下で、JCLによって定義するVSAM割り当て要求のボリュームを選択します。ACSVSAMオプションは、JCLで定義するすべてのVSAM要求のパラメータ情報を変更します。

動作環境

メーカー OS
IBM OS/390, z/OS
富士通 MSP/E20, MSP/EX
日立 VOS3/AS, VOS3/FS, VOS3/LS, VOS3/US