あなたのビジネスサクセスのために。Enterprise System Management Solution

CLCはコンピュータシステムの安定稼働と最適化をご提案するエキスパートです。

ABR(Automatic Backup & Recovery)Innovation Data Processing, Inc

更新部分だけの自動バックアップも可能です。シミュレーションやレポート機能も充実したストレージ管理。

ディスク・ボリュームのバックアップをフルボリュームだけでなく、更新部分だけのバックアップ(インクリメンタル・バックアップ)も自動的に行うことが可能になります。1日に1回インクリメンタル・バックアップ、週に1回フルボリューム・バックアップを行うという柔軟な運用体制が採れ、バックアップ時間の大幅短縮だけでなく、データセットおよびボリューム単位での高速かつ効率的なリカバリを実現します。

柔軟な運用体制で手に入れる安定と安全
ABRのコントロール・ファイルが200シリンダしか必要ない上、コントロール・ファイルへのI/O動作が90% 以上削減できます。 データをディスクとテープに同時にアーカイブできるので、障害の際、データのコピーを直ちに別サイトに送って復旧させることができます。

ABR(Automatic Backup & Recovery)

バックアップ&リストア機能

更新されたデータをバックアップし、そのデータをフルボリュームまたは、データセット毎にリストアできます。

アーカイブ&リストア機能

一定期間未参照状態にあるデータセットをテープまたはディスク・ボリュームに移動し、アンカタログします。

アプリケーション・バックアップ & リストア機能

アプリケーション・システムに属するデータセットをカタログから選択することで、1つのアプリケーション・システムとしてバックアップまたはリストアすることができます。

シミュレーション機能

バックアップ、アーカイブ等の処理を行う前に確認し、結果や影響を把握できます。

レポート機能

各機能で処理されたデータセットやボリュームに関する各種情報を、バッチやTSO/ISPFパネルでレポート出力することが可能になります。

動作環境

メーカー OS
IBM OS/390, z/OS